入会・協賛のご案内

パッシブデザイン協議会の会員は[会員A]、[団体会員]、[会員B]、[協賛企業]、[特別会員]に区分されています。

会員条件リスト

※1 初年度の年会費は、入会金を充当させて頂きます。
※2 30社以上の法人が所属する団体の場合、所属する全ての法人に会員Aと同等の権利を付与します。
※3 当会の趣旨や活動にご賛同いただける企業および団体が対象となります。協賛企業には下記のような特典が付与されます。
・当会のホームページに1年間掲載
・当会主催のイベントやツール等に会員Aと同等の割引を適用
・当会主催の各イベント時に、協賛者に関する資料の配布
・協賛者が主催する各イベント等の告知・集客等、イベント企画の協力
※4 資本額及び従業員数に依り、金額が異なります。詳しくは協賛企業・協賛団体募集等規程 第3条をご確認ください。

会員A申込み

会員A及び団体会員は、イベント参加費やツール購入費、PassDeC 審査料などの割引を受けることができます。入会をご希望される方は、申込書にご記入いただき、事務局までメールでお送りください。追って会費のお振込み等のご連絡をさせていただきます。

入会申込書ダウンロード

入会申込書ご送付先・お問い合わせ先
〒105-0003 東京都港区西新橋3-7-1 ランディック第2新橋ビル1F
一般社団法人 パッシブデザイン協議会事務局
TEL.0582-02-8309(平日 10:00~12:00/13:00~17:00)
Mail:info@passive-design.jp

会員B申込み

会員Bへの入会をご希望される方は、以下の申込フォームよりお申込み下さい。
※会員Bへの申込みは上記の入会申込書でもお申込み頂けます。

入会申込書ダウンロード

<会員規則>

(総則)
第1条 この規則は、一般社団法人パッシブデザイン協議会(以下「本会」という)の定款に基づき、会員に関する事項を規定する。

(会員)
第2条 本規則で会員とは、建築や住宅、ライフスタイル等において、地域の自然環境が持つポテンシャルを活用し積極的に応答する「パッシブデザイン」の思想を持ち、本会の目的及びその事業に賛同し、本規則を承認し、入会を申し込んだ団体・法人及び個人のうち、本会が入会を認めた者をいう。

(会員の種別)
第3条 会員は、「会員A」、「団体会員」、「会員B」、「特別会員」に区分する。
2.会員Aは、パッシブデザインに関わる事業者で、本会の目的に賛同して入会した団体・法人及び個人とし、入会金及び年会費を納入した者とする。
3.団体会員は、パッシブデザインに関わる事業者で、本会の目的に賛同して入会した法人30社以上の団体とし、入会金及び年会費を納入した者とする。
4.会員Bは、パッシブデザインに関わる事業者で、本会の目的に賛同して入会した団体・法人及び個人とし、入会金を要しない者とする。
5.特別会員は、本会の事業を推進するため、メディア関係、学識経験者等で本会の要望により入会した団体・法人及び個人とする。

(会員サービス)
第4条 会員は、本会の主催するセミナー・講演会等に参加することができる。
2.会員Aは、本会の主催するセミナー・講演会等の参加費の割引を受けることができる。
3.会員Aは、本会が設置する委員会に参加することができる。
4.団体会員に所属する全ての法人は会員Aと同等の権利を擁し、本会の主催するセミナー・講演会等の参加費の割引を受けることができる。

(入会)
第5条 本会の会員になろうとする者は、本会所定の手続きによる申し込みを行い、理事会にて審査、承認を受けることとする。

(会費)
第6条 会員は、次の入会金、年会費を本会に納めなければならない。ただし、入会初年度の年会費は入会金を充当する。
(1)会員A   入会金 50,000円  年会費 50,000円
(2)団体会員  入会金 300,000円  年会費 300,000円
(3)会員B   入会金、年会費 無料
(4)特別会員  入会金、年会費 無料
2.Forward to 1985 energy lifeの活動に参加し、会費を納入している者は、本会所定の手続きによる申し込みを行うことで会員Aとし、本会での入会金、年会費を要しないこととする。

(会費の納入)
第7条 会費の納入は年1回とし、1年分を前納するものとする。ただし、新規会員は入会時に会費を納入するものとする。

(退会)
第8条 会員は、退会届を本会に提出し、任意に退会することができる。
2.会員は次のいずれかに該当するに至ったとき、その資格を喪失する。
(1)第6条第1項の支払い義務を3か月以上納入しないとき
(2)本人が死亡し、または会員である団体が解散、消滅したとき
(3)総社員が同意したとき
(4)会員について、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始、その他一切の法的倒産手続の開始の申立てがあったとき
3.定款その他の規則に違反したとき、または、本会の名誉を傷つけ、本会の目的に反する行為をしたとき、その他、正当な事由があるとき、理事全員一致の決議により、会員を退会させることができる。
4.会員の資格を喪失したときは、本会に対する権利を失う。但し、会員がその資格を喪失しても、本会に既に納入した会費等そのほかの拠出金は、理由の如何を問わず返還しないこととする。

(会員種別の変更)
第9条 会員A及び団体会員、会員B、特別会員は、本会が定める所定の手続きを経て会員種別の変更を行うことができる

(会員名簿)
第10条 本会に会員の氏名及び住所等連絡先を記載した会員名簿を備える。
2.会員が死亡、解散し、退会したものとみなされ、または登録の取り消しを受けるときは、その者を会員名簿からから除くものとする。

(会員に対する通知等)
第11条 会員に対する通知または書面の送達は、次の方法による。
(1)本会のホームページ
(2)会員名簿に記載された会員の住所地

(届出事項の変更)
第12条 会員は、本会に届け出た法人名及び氏名、住所、電話番号及びメールアドレス等に変更が生じた場合には、遅滞なく本会に所定の方法により届け出ることとする。
2.前項の届出がないために本会からの通知、送付書類その他のものが延着し、または到着しなかった場合は、通常到着すべき時に会員に到着したものとみなす。 但し、前項の変更を行わなかったことに、やむを得ない事情がある場合にはこの限りではない。

(規則の改定)
第13条 本規則の改廃は理事会の決議によって行う。


附 則 この会則は平成24 年4 月6日から施行する。

附 則 この会則は平成28 年2月24日から施行する。

附 則 この会則は平成28 年5月2日から施行する。

附 則 この会則は平成28 年6月14日から施行する。


会員A申込み

ご協賛いただける方は、協賛申込書にご記入の上、事務局までメールでお送りください。追って、ご協賛金のお振込み等のご連絡をさせていただきます。

入会申込書ダウンロード

協賛申込書ご送付先・お問い合わせ先
〒105-0003 東京都港区西新橋3-7-1 ランディック第2新橋ビル1F
一般社団法人 パッシブデザイン協議会事務局
TEL.0582-02-8309(平日 10:00~12:00/13:00~17:00)
Mail:info@passive-design.jp

<一般社団法人パッシブデザイン協議会 協賛企業・団体募集等規程>

(趣旨)第1条 この規程は、一般社団法人パッシブデザイン協議会(以下「本会」という)が関与する催しや事業の趣旨に賛同し、応援、援助する協賛企業・団体を募集、選定し、当該協賛する企業・団体の名称等を本会ホームページに掲載、告知等することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は,それぞれ当該各号に定めるところによる。
(1) 協賛希望者 事業の趣旨に賛同し、事業に要する費用(以下「事業費」という。)の一部を負担して事業に協賛することを希望する企業・団体
(2) 協賛者 事業の趣旨に賛同し、事業費の一部を負担して事業に協賛するものとして、第5条の規定により本会が選定した企業・団体

(協賛の金額)第3条 協賛者が負担する金額は、一企業・団体につき一口10 万円とする。ただし、資本金の額が3億円もしくは従業員数が300人を超える企業・団体については、一企業・団体につき一口30 万円とする。
2.協賛金は第6条の規定による本会からの通知日を起算に1年分として納入するものとし、既納の協賛金は、いかなる理由があってもこれを返還しない。
3.前項および第1項は本会が特に必要と認める場合はこの限りではない。

(協賛の申込み)第4条 協賛希望者は、本会が別に定める書面に必要事項を記載して申し込むものとする。

(協賛者の選定)第5条 本会は、前条の規定により申込みした協賛希望者の中から、本会の事業目的に照らし、適当とする企業・団体を、事業費に照らし必要とする範囲において、協賛者として選定するものとする。
2.本会は、協賛希望者が本会の事業目的に照らし不適当と認めるときは、当該協賛希望者を協賛者として選定しない。
3.前項および第1項は理事会の承認をもって行うものとする。

(承諾等の通知)第6条 本会は、前条の規定により協賛者を選定したときは、当該選定した協賛希望者に対し協賛の申込みを承諾したことについて通知し、選定しなかった協賛希望者に対し協賛の申込みを承諾しなかったことについて通知するものとする。
2.協賛者の選定期間は通知日から1年間とし、本会から承諾の取消通知がない限り翌年以降も自動的に協賛者として選定したものと見なされる。

(承諾の取消し)第8条 本会は、協賛者が次の各号のいずれかに所属または該当すること、あるいは、これらの者のいずれかと関係(資金供給または便宜を供与すること等を含む)があることが判明した場合、その他本会が特に必要と認めるときは、既にした協賛の承諾を取り消すことができる。
(1)暴力団
(2)暴力団員
(3)暴力団準構成員
(4)暴力団関係企業
(5)総会屋等、社会運動等標榜ゴロまたは特殊知能暴力集団等
(6)その他①から⑤までに掲げる者に準ずる者
(特典)第9条 協賛者は、次の特典を享受することができる。
(1)協賛者の名称は、本会が指定するスペースの範囲内に、本会が指定するサイズにより本会ホームページ等に1年間掲載する。
(2)本会が有料で提供するイベントやツール等の料金について会員Aと同等の割引が受けられる。
(3)本会が主催するセミナーや講習会(以下、各イベント)時に協賛者に関する資料を配布することができる。
(4)協賛者が主催する各イベントの告知・集客等、イベント企画の協力を受けることができる。
2. 前項の(3)(4)の特典は、各イベントの内容から不適当と認めるときはこの限りではない。

附 則 この規程は、平成25 年4 月16 日から施行する。
附 則 (平成25年6月13日 理事会議決)この変更規程は、平成25年6月13日から施行する。
附 則 (平成29年4月27日 理事会議決)この変更規程は、平成29年4月27日から施行する。

ページの上に戻る